弁護士選びの基準

Pocket

任意整理全般にいえることではあるものの、業者との交渉や裁判所との手続きなどを、迅速に進められる弁護士であるのが重要です。民事再生を選択したいと思っても専門的なことが分からない以上、専門家である弁護士に頼るのは有効な選択できます。ただ、それぞれの弁護士には得意分野と不得意分野があります。民事再生が得意分野である弁護士を選択するのがベストです。

ホームページをチェック弁護士を選択するにあたっては、まず近隣の事務所であるのが望ましいです。これは依頼者の住所地の裁判所で手続きを行うため、地元の事務所の方が交通費や費用がかかりにくいためです。借金問題について話しやすい弁護士であるのはもちろん、費用の分割が可能であるかも大きいといえます。依頼前の費用の説明をしてくれるとともに、契約書をしっかり作成してくれるかも安心できる理由です。

ホームページをチェックすれば民事再生が得意分野であるかどうかを調べることができます。専門的な知識と経験を有している弁護士を見つけるのはそう難しくはありません。無料相談にも対応しているため、迷った場合はまずは実際に会って話をしてみるのもよいでしょう。弁護士なら誰でもよいと考えるのは間違いである認識が必要です。

民事再生は2種類

Pocket

民事再生民事再生には小規模個人再生と給与所得者等再生の2種類の手続きがあります。小規模個人再生は住宅ローン以外の借金の総額が5000万円以下であるとともに、継続して収入がある方が選択できる手続きです。原則として3年間で法律で定められた最低弁済額、あるいは保有している財産の合計金額の多い方の金額を返済しないといけません。

給与所得者等再生は小規模個人再生を利用できる方で安定した収入があって収入額の変動が少ない方が選択できます。小規模個人再生と同じく最低弁済額か清算価値、あるいは可処分所得の2年分のなかで多い方の金額を返済しないといけません。給与所得者等再生の方が返済額が高額になる場合が多いです。

この小規模個人再生と給与所得者等再生のどちらを選択すべきかを弁護士に相談すれば適切なアドバイスをしてくれます。いずれにしても確実に返済ができることが絶対条件であり、無理をしてしまうのは避けないといけません。ただ、最低弁済額が少なすぎる民事再生を選択できなくなってしまうため、債権者と折り合いを付けることが大切です。誰にも知られずに今までの生活を維持しながら借金を完済できる民事再生を選択するにあたっては、まずは弁護士に無料相談をするのがよいでしょう。

借金と民事再生

Pocket

民事再生は債務整理の種類のひとつです。特徴となるのは住宅や車などの財産を維持しつつ、大幅に借金を減額できることです。ただ、原則として3年間で分割して減額された借金を返済しないといけません。減額後の借金を完済すれば、もう返済する義務は免除されます。自己破産のように借金がすべてなくなるわけではないものの、今まで通りの生活を維持できるのが大きいです。仕事の都合で車が絶対に必要、子供がいるから自宅を手放すわけにはいかないなどの理由で、今まで通りの生活を求めている方も少なくありません。自己破産の場合は一定の職業に就けなく制限があるものの、民事再生の場合は制限がないです。

借金あまりにも借金がある場合は民事再生を選択できないものの、毎月の返済額を決めて返済していけるのなら、魅力的な点はこのようにたくさんあります。この民事再生を選択するにあたってのポイントになるのは返済していける毎月の返済額を決めることにあります。もしも返済できない場合は財産を処分しないといけなくなるため、冷静な判断をしないといけません。面倒な手続きをすべて対応してくれる点も加味し、まずは弁護士に相談するのが大切です。

ここではさらに詳しく民事再生について解説し、弁護士の存在がなぜ大きいのかという点についても合わせて解説します。人生の再スタートを切るにあたって慎重に判断しないといけないのはいうまでもなく、それぞれの事情や希望に沿った形を選択する必要もあります。