民事再生は2種類

Pocket

民事再生民事再生には小規模個人再生と給与所得者等再生の2種類の手続きがあります。小規模個人再生は住宅ローン以外の借金の総額が5000万円以下であるとともに、継続して収入がある方が選択できる手続きです。原則として3年間で法律で定められた最低弁済額、あるいは保有している財産の合計金額の多い方の金額を返済しないといけません。

給与所得者等再生は小規模個人再生を利用できる方で安定した収入があって収入額の変動が少ない方が選択できます。小規模個人再生と同じく最低弁済額か清算価値、あるいは可処分所得の2年分のなかで多い方の金額を返済しないといけません。給与所得者等再生の方が返済額が高額になる場合が多いです。

この小規模個人再生と給与所得者等再生のどちらを選択すべきかを弁護士に相談すれば適切なアドバイスをしてくれます。いずれにしても確実に返済ができることが絶対条件であり、無理をしてしまうのは避けないといけません。ただ、最低弁済額が少なすぎる民事再生を選択できなくなってしまうため、債権者と折り合いを付けることが大切です。誰にも知られずに今までの生活を維持しながら借金を完済できる民事再生を選択するにあたっては、まずは弁護士に無料相談をするのがよいでしょう。