借金と民事再生

Pocket

民事再生は債務整理の種類のひとつです。特徴となるのは住宅や車などの財産を維持しつつ、大幅に借金を減額できることです。ただ、原則として3年間で分割して減額された借金を返済しないといけません。減額後の借金を完済すれば、もう返済する義務は免除されます。自己破産のように借金がすべてなくなるわけではないものの、今まで通りの生活を維持できるのが大きいです。仕事の都合で車が絶対に必要、子供がいるから自宅を手放すわけにはいかないなどの理由で、今まで通りの生活を求めている方も少なくありません。自己破産の場合は一定の職業に就けなく制限があるものの、民事再生の場合は制限がないです。

借金あまりにも借金がある場合は民事再生を選択できないものの、毎月の返済額を決めて返済していけるのなら、魅力的な点はこのようにたくさんあります。この民事再生を選択するにあたってのポイントになるのは返済していける毎月の返済額を決めることにあります。もしも返済できない場合は財産を処分しないといけなくなるため、冷静な判断をしないといけません。面倒な手続きをすべて対応してくれる点も加味し、まずは弁護士に相談するのが大切です。

ここではさらに詳しく民事再生について解説し、弁護士の存在がなぜ大きいのかという点についても合わせて解説します。人生の再スタートを切るにあたって慎重に判断しないといけないのはいうまでもなく、それぞれの事情や希望に沿った形を選択する必要もあります。